• 印刷する

ヤンゴン市のバイク走行禁止、31郡区で継続

ミャンマーのヤンゴン管区政府は、最大都市を管轄するヤンゴン市開発委員会(YCDC)管理下の33郡区のうち、31郡区で軍事政権時代から続くバイク走行禁止措置を継続すると発表した。イレブン電子版が8日伝えた。

ヤンゴン管区には45の郡区があり、このうち中心部とその周縁の33郡区がヤンゴン市と位置付けられる。バイク走行が引き続き禁止されるのは33郡区のうちダラ郡区とセイッチ・カナウント郡区を除く31郡区。

管区のニラ・チョー電力・工業・運輸相は昨年10月、33郡区のうち周縁に位置し工業団地などが多いシュエピタ、ラインタヤ、南ダゴン、ダゴン・セイッカン、ミンガラドンの各郡区でバイク走行を認める可能性を示唆。国内外の専門家などから意見を聞いたものの、引き続き走行を禁じることにした。

ヤンゴン市内でも周縁部の裏通りなどではバイクが走っているのが実情。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

「働いていない」4人に1人 政変で7割が収入減、食事減らす(05/12)

クーデター100日、Z世代「3本指」掲げ行進(05/12)

10日までの弾圧犠牲者は781人、1人増加(05/12)

貧困が深刻化、新型コロナとクーデターで(05/12)

民主派政府、独自の教育制度の創設準備(05/12)

記者らがタイで逮捕、強制送還の回避を要請(05/12)

民族勢力トップ、武力行使の停止呼び掛け(05/12)

米議員、ロヒンギャ対応で統一政府に異論(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン