• 印刷する

ピザチェーン戦国時代、宅配や味の競争激化

ピザチェーン間の競争が激化している。先行する米系ピザハットを同じく米系のドミノピザが猛追。さらにタイ系「ザ・ピザ・カンパニー」も積極的な店舗展開に乗り出す方針だ。各社とも宅配サービス拡充やベトナム人の味覚に合ったメニュー開発を進めている。ベトナムネットが報じた。

ベトナムでのピザチェーン展開の草分けであるピザハットは2007年に上陸。高いブランド力と豊富な資金力を武器に業界をリードしてきた。今年3月時点でハノイ市とホーチミン市、南部ドンナイ省、ビンズオン省、カントー市に27店舗を展開。ハノイ市やホーチミン市では宅配サービスも手掛けている。

ドミノピザは10年に参入。ホーチミン市に11店舗(今年3月時点)を展開しているほか、宅配サービスも実施している。ピザハットよりピザ1枚当たり2万~6万ドン(1~3米ドル、約91~273円)安い点が強みだ。

■配達時間30分以上で無料

ピザハット、ドミノピザとも30分以内に宅配できなければ、料金を無料にするサービスを実施中。さらにベトナム人好みのメニュー開発でも競い合う。ピザハットは、ピザだけでなく鶏肉やリブとライスも提供。ドミノピザはベトナム風ソーセージ・ピザを投入している。

さらにタイ系ザ・ピザ・カンパニーも11年にハノイ市でベトナム1号店を開店しており、いよいよ多店舗展開に乗り出す。2号店はホーチミン市のショッピングモール「ビンコム・エデン」に開店する予定。ザ・ピザ・カンパニーは80年代にタイで創業し、後発にもかかわらず同国では60%以上のシェアを持つ。東南アジアの味覚に合わせたメニューが、急成長をもたらしたという。

キムエン証券アナリストのサッタティップ・ピースブ氏は、アジアにおけるファストフードチェーンの現状について、消費者がブランド力よりも自分の好みに合った商品を選択する傾向を強めていると分析している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

ぼてぢゅう、越での拡大視野 コロナ後、新たなビジネス考案へ(08/05)

感染者が前日から28人増加、死者8人に(08/05)

ビンファスト、新SUVの外観を公開(08/05)

パシフィック航空、新ブランドの制服を発表(08/05)

開発大手ベカメックス、HOSE上場へ(08/05)

日本のデジタル印刷板にダンピング課税へ(08/05)

履物輸出額、1~7月は8%減=商工省(08/05)

サムスン、中国のPC工場を越へ移転か(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン