• 印刷する

【16年の10大ニュース】安定した投資環境に潮目の変化

マレーシアの2016年は、2年前から継続する原油価格の低迷で逆風の中にあり続けた。対米ドルでのリンギ安がさらに進んだほか、国内人材の雇用を確保するため外国人労働者の新規受け入れを突然凍結するといったドラスティックな政策変更も実施。安定した投資環境が売りだったこれまでとは異なり、潮目に変化が生じた一年だったといえる。

一方で、首都圏のMRT(大量輸送交通システム)1号線の開通、シンガポールと結ぶ高速鉄道(HSR)の26年開業への正式合意など、20年の先進国入りへの道筋ともなる大型事業は確実に進展した。個人消費の底堅さと積極的なインフラ投資で国内総生産(GDP)成長率は4%台を維持し、日系を含む外資企業の投資も堅調だった。

来たる17年は、翌18年の首相任期を控えて次期総選挙が行われる可能性もささやかれる。ナジブ首相個人の汚職疑惑による内政の火種はくすぶったままであり、政局の混乱は避けられない見通しだ。

外国人労働者が働くクアラルンプール市内の建設現場。今年3月に新規受け入れが凍結されたことで、多くのプロジェクトが人材不足に直面している(NNA撮影)

外国人労働者が働くクアラルンプール市内の建設現場。今年3月に新規受け入れが凍結されたことで、多くのプロジェクトが人材不足に直面している(NNA撮影)

【第1位】外国人労働者受け入れ凍結、産業界に打撃

【第2位】経済の低調続く、国際政治の動揺と原油安で

【第3位】マハティール元首相、新党立ち上げ

【第4位】プロトン、抜本的な事業再建に着手

【第5位】高速鉄道で2国間合意、来年4Q入札

【第6位】1MDB疑惑、国内幕引きも米司法省が提訴

【第7位】中銀総裁が交代、金利引き下げなど大なた

【第8位】世界発のクールジャパン店舗、KLで開業

【第9位】ISのテロ脅威高まる、爆発事件発生

【第10位】首都圏で大型鉄道インフラ完成

【番外編】五輪バド、リー選手悲願の金逃す


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(04/09)

「解雇は違法」の規制要求 減給容認も撤回を、最大労組(04/09)

地域別の移動制限を実施か、15日以降に(04/09)

RM1=25.0円、$1=4.35RM(8日)(04/09)

感染者が4千人突破、新規は156人(04/09)

世帯支出、活動制限令で平均55%減(04/09)

マレーシア航空、マレー半島での運航休止(04/09)

マリンドエア、従業員7割に無給休暇指示(04/09)

サバ州、石油製品に5%の売上税適用(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン