11月の広告支出43%減、国王死去の影響続く

米系調査会社ニールセン・メディア・リサーチ・タイランドが9日発表した11月のタイ国内の広告支出額は、前年同月比42.7%減の61億1,000万バーツ(約197億7,000万円)だった。10月13日にプミポン前国王が死去したことによる広告自粛の影響が続いた。 媒体別では、ケーブル・衛星テ…

関連国・地域: タイ
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:辛いものやスパイスが苦…(11/14)

医療用大麻が合法化(下) 政府が独占へ、商機会は限定的(11/14)

泰国商船三井が設立50周年(11/14)

RCEP年内妥結見送り、19年まで交渉延長(11/14)

空港高速鉄道、入札結果は来年1月末までに(11/14)

JWDが星と合弁、タイ・ラオスで事業展開(11/14)

バンコクエア、バンコク―越ニャチャン就航(11/14)

タイPTTEP、ガス輸送管の交換を計画(11/14)

不動産チャオプラヤー・マハナコンがIPO(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン