【転換期の水産資源】「海のエコ認証」で市場変化 持続性と品質担保、輸出拡大の鍵

ベトナムの水産物輸出額は世界で3番目に多く、エビやナマズ目のパンガシウス(チャー、バサ)の養殖を中心に、民間企業の投資も活発だ。だが、水産市場がグローバルになればなるほど、環境に配慮した漁法や養殖生産が求められる。持続可能性を求める業界の流れを加速させているの…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【躍動する地方都市】クアンニン、外国投資が拡大 「日本企業を第一に」=省投資局(10/16)

ラオス南部4県、観光振興でベトナムと連携(10/16)

ビンファスト、F1の冠スポンサーに(10/16)

ウィラー、都市間バスの運行を開始(10/16)

ロンタイン空港の第1期拡張、政府が提案(10/16)

ドラゴンキャピタル、ペトロ越傘下の株売却(10/16)

ビナキャピタル、プラ容器メーカーに出資(10/16)

モスがベトナム人材採用へ、出店「可能性」(10/16)

ハノイの商業不動産、入居率90%=JLL(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン