【タイ政治社会の潮流】国王ラーマ10世誕生に思う

第237回 プーミポン国王(ラーマ9世)の崩御の後しばらく空位が生じたが、12月1日に新国王としてワチラーロンコーン皇太子(1952~)が正式に即位した。ラーマ10世の誕生である。 憲法の規定に従い、(暫定)内閣から示された王位継承者(ワチラーロンコーン皇太子)について(…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所に住む2歳の女の子…(05/18)

第1四半期GDP、2.6%縮小 5期連続マイナス、観光の低迷で(05/18)

市中9626人で最多、刑務所で集団感染(17日)(05/18)

車部品のオンライン市場、240億円規模に(05/18)

住宅アセットワイズ、1~3月は2倍増収(05/18)

クボタ現法、今年の建機販売25%増を予測(05/18)

セントラルパタナー、1Qは51%の減益(05/18)

PTT小売子会社、デジタル事業で合弁設立(05/18)

果実輸出額、今年は17%増の4250億円見込み(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン