【タイ政治社会の潮流】国王ラーマ10世誕生に思う

第237回 プーミポン国王(ラーマ9世)の崩御の後しばらく空位が生じたが、12月1日に新国王としてワチラーロンコーン皇太子(1952~)が正式に即位した。ラーマ10世の誕生である。 憲法の規定に従い、(暫定)内閣から示された王位継承者(ワチラーロンコーン皇太子)について(…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

マツモトキヨシ、香港に現地法人(07/17)

日新電機が越3割増産、装置部品で域内分担(07/17)

テイクオフ:昨年来バンコクでは子連…(07/15)

飛騨牛革や靴、越売り込みへ 日本の中小、拡大する市場に挑戦(07/15)

日系リユース店がタイで盛況 低価格・高品質、廃棄減に貢献も(07/15)

無印良品、サムヤンミットタウンに出店へ(07/15)

全日空、バンコク―東京線が就航30周年(07/15)

ASUSのゲーミングPC、東南アで首位(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン