【タイ政治社会の潮流】国王ラーマ10世誕生に思う

第237回 プーミポン国王(ラーマ9世)の崩御の後しばらく空位が生じたが、12月1日に新国王としてワチラーロンコーン皇太子(1952~)が正式に即位した。ラーマ10世の誕生である。 憲法の規定に従い、(暫定)内閣から示された王位継承者(ワチラーロンコーン皇太子)について(…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

第2波対策の給付金を承認、7300億円規模(15:07)

テイクオフ:タイ政府が国家目標とす…(01/20)

キャラ活用、アジアに普及へ クオン、「世界観づくり」支援も(01/20)

ネット商談で食の輸出を支援 信金中金、まず香港で開始(01/20)

電動車の新規登録が13%増 コロナ下でも堅調、中国勢も開拓(01/20)

二輪タイヤND、宅配向けの需要取り込み(01/20)

市中感染158人、首都西郊で138人(19日)(01/20)

アストラゼネカ製ワクチン、週内に承認へ(01/20)

トヨタ、自動車の定額利用サービスを開始(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン