自治体単位での“規制”も 日本食品の輸入緩和で混乱続く

東京電力福島第1原発事故を機に台湾が続けている日本産食品の輸入規制解除を巡り、蔡英文政権への風当たりが強くなっている。野党・国民党が全面的に反対しているほか、与党・民主進歩党(民進党)関係者の間でも意見は分かれているもようで、12~14日に各地で開かれた市民向け公…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近歯の治療をしている…(09/27)

企業3割弱、4Qの景気楽観 提示給与が高水準、水際緩和控え(09/27)

新型コロナの域内感染者、26日は2万8513人(09/27)

オミクロン派生型、新たに159人が域内感染(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

検査キット実名制、30回分購入可に=1日から(09/27)

2Q世界AP出荷シェア、聯発科技が首位(09/27)

鴻海、ステランティスと2社目の合弁設立(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン