東屋ホテルがカンボジア進出 狙うは出張需要、年商1億円へ

ベトナムでホテルを多店舗展開する東屋ホテル(本社ホーチミン市)は、カンボジアに進出する。あす8日に首都中心部で1軒目を開業し、露天風呂や和朝食など日本式のサービスを武器に日本人の出張需要を開拓する。経済成長に伴って海外からの出張者が増え始めているカンボジアでは…

関連国・地域: ベトナムカンボジア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

クラスター拡大、封鎖前の準備必要(02/25)

所得税の確定申告、来月から電子化へ(02/25)

シアヌークビルで住宅開発、1億米ドル規模(02/25)

日本和装、地域統括拠点を設立(02/25)

首相「これまでで最悪」、クラスター発生で(02/24)

米ウィンダム進出、シアヌークビルにホテル(02/24)

対中輸出、20年は8%増の11億米ドル(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン