【中国企業動向】中糧が穀物重視に回帰 経営スリム化、国際地位を確立へ

中国中央政府が直轄する国有企業で中国食品最大手の中糧集団(北京市朝陽区、COFCO)が経営のスリム化を始めた。これまで食品産業全体を掌握することを目指し酒類や菓子、飲料メーカーなどの買収を繰り返してきたが、組織が肥大して経営・管理体制が散漫になり、赤字に陥る傘…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

植毛産業、20年に200億元以上の市場規模(12:09)

住宅購入者が平均33歳台に 「90後」の存在感急拡大(05/14)

南西部の新空港が完工へ、年末の開業目指す(05/14)

就業安定に企業の負担軽減策延長、常務会議(05/14)

EVの電池交換に国家基準、11月施行へ(05/14)

ワクチン、市民以外の滞在者にも=衛生局長(05/14)

自動車データに管理規定、海外持ち出しを制限(05/14)

ジュロン地区線の2駅、中国系企業に発注(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン