体外受精など、2年連続で6千件超

シンガポールの生殖介助市場が成長している。2015年に体外受精など生殖介助術の実施件数は、2年連続で6,000件を超えた。ビジネス・タイムズが伝えた。

生殖介助術の件数は、12年に5,000件以下だったが、13年は5,519件に増加していた。トムソン生殖センターのロー・セオンフェイ博士によると、生殖介助技術の発展と世間一般への認知度の高まりに連れて、生殖介助を受けたいという女性が増えているという。

シンガポールでは現在、卵子の保存は、抗がん剤治療または放射線治療を受けるがん患者のみに認められている。また、体外受精については40歳以上の女性にしか許されていない。加えて、体外受精のプロセスの中で着床前スクリーニング(着床前に染色体異常の検査を行い、正常な受精卵だけを移植すること)を行うことも禁止されている。同博士によると、国の法律が生殖介助技術の発展に追いついていないという。

しかし、このような環境下でも、シンガポールで生殖介助の件数は増加している。また世界的にも同様の傾向で、最近では米フェイスブックやアップルなどの大企業が、女性役員の卵子保存にかかる費用を負担すると表明した。卵子の保存技術が格段に向上し、信頼性が高まったことが背景にある。日本の最新技術では、90~95%の卵子が損傷を受けずに保存できるとされる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多民族・多宗教国家のシ…(03/30)

多民族・多宗教国家のシンガポールで生活していると、全く異なる食文化の人と交流する機会も増える。菜食主…

続きを読む

スマートグラスをホテルに提供 エプソン、域内業界で初運用(03/30)

セイコーエプソンは29日、最新の眼鏡型ウエアラブル端末モベリオ「BT―300」を、仏ホテル運営大手アコーホ…

続きを読む

亜細亜大、初の海外拠点を開設(03/30)

亜細亜大学は29日、シンガポールに初の海外拠点となる事務所を開設した。国際交流プログラムのさらなる充実…

続きを読む

16年の顧客満足度、過去最高の水準に(03/30)

シンガポール経営大学(SMU)のサービス・エクセレンス研究所(ISES)が29日発表した2016年のシンガ…

続きを読む

DHL、EC向け国際宅配で米に配送開始(03/30)

独郵便・物流大手のドイツポストDHLグループは28日、傘下のDHL eコマースが電子取引(EC)など向…

続きを読む

2月の空港利用者数、1.5%増の467万人(03/30)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は29日、2月の同空港の利…

続きを読む

車両購入権価格、4項目で上昇(03/30)

シンガポールの陸上交通庁(LTA)が29日発表した3月第2回の車両購入権(COE)入札の結果は、5項目…

続きを読む

セゾン情報、データ連携ソフトをタイ拡販へ(03/30)

セゾン情報システムズ(東京都豊島区)は28日、ファイル転送ミドルウエア「HULFT(ハルフト)」シリー…

続きを読む

半導体協会、IoT規格の国際団体と提携(03/30)

あらゆるものをインターネットにつなげる「モノのインターネット(IoT)」規格の統一を推進する国際団体…

続きを読む

NTUCとポリテク、中小のデジタル化支援(03/30)

シンガポールの全国労働組合会議(NTUC)は27日、南洋ポリテクニック(国立技術高等専門学校、NYP)…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン