【台湾品牌】滞る大手ブランド育成:根強い受託生産の呪縛

台湾企業にとってのブランディングは、長期にわたる課題といえる。中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)が選ぶトップ20ブランドにはパソコン(PC)の華碩電脳(ASUS)や宏碁(エイサー)、自転車の巨大機械(ジャイアント)など大手が名を連ねるが、全体でみれば日本や…

関連国・地域: 台湾韓国欧州
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あ、お金忘れた」。先…(02/20)

中台間の航空貨物運賃が急騰 従来比7倍も、新型肺炎の減便で(02/20)

モルフォ、台湾子会社を設立(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

シノプシス、交通大にAI設計R&D拠点(02/20)

TSMC、「1Qの売上高目標に変更なし」(02/20)

金庫資本、配車グラブに3千万ドル出資(02/20)

4Qの製造業生産額、4四半期連続マイナス(02/20)

全家、人工肉使用の自社商品2種を発売(02/20)

寒舎餐旅、傘下ホテルの一部フロア閉鎖(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン