【自動車ショー特集】潜在性のある市場、回復には時間 新型LCGCが新たなけん引役に

自動車メーカー各社はインドネシア市場について、昨年までの景気後退による消費意欲の減退から抜け出し、下半期(7~12月)に掛けて販売台数が回復すると見込んでいる。11日から開催されているインドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)主催のモーターショーでは、日系ブラン…

関連国・地域: 中国インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:レジに並んでサイフを開…(02/18)

ジョコ第2期の支持率70% 就任100日、民間調査調べ(02/18)

1月の自動車輸入、前月比35%減の4281台(02/18)

プログラミング学習プロゲート、現法設立(02/18)

清水建設JVが契約調印、MRT第2期工事(02/18)

CIMB証券、個人向けネット株取引を開始(02/18)

1月の貿易収支、8.6億ドルの3カ月連続赤字(02/18)

19年12月の対外債務、前年同月比7%増(02/18)

国勢調査、先行のオンライン回答は2~3月(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン