ジャクソン、太陽光で売上300億ルピー目指す

発電所の建設などを手掛けるインドのジャクソン・グループは、2017/18年度(17年4月~18年3月)までに太陽光事業単体で売上高300億ルピー(約472億円)を目指す方針だ。設計・調達・建設(EPC)方式での受注を増やす計画。サンディープ・グプタ副会長兼社長の話として、PTI…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(07/30)

外国産食肉の輸入、一時的に停止へ(07/30)

ケララの感染拡大収まらず 政府が調査隊、今週末は完全封鎖(07/30)

アショク、英スイッチ通じ電動車事業を推進(07/30)

現代自、24年までにEVの新モデル発売(07/30)

独VW、タイグンの生産を来月18日に開始(07/30)

車8社の世界販売29%増、コロナ前には及ばず(07/30)

タタ自、ネクソンEVをネパールで発売(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン