• 印刷する

JICA、水管理・環境評価の能力向上支援

国際協力機構(JICA)は23日、「ミャンマー水環境管理および環境影響評価制度の能力向上プロジェクト」の実施に向けた合意文書を、環境保護・林業省の環境保護局(ECD)との間で締結した。

ミャンマーで水質汚濁の現状の適切な把握およびデータ解釈に基づく基礎的な対策策定能力を向上させることで、工業廃水による河川の水質悪化などの影響緩和に加え、同省の環境影響評価(EIA)審査体制構築を支援。環境への影響問題を解決する取り組みを促す。

環境保全局を中心に、2大都市を管理するヤンゴン市開発委員会(YCDC)とマンダレー市開発委員会(MCDC)に対し、専門家派遣による技術指導や研修を行い、水質測定に必要な機材などを供与する。実施期間は3年間。

ミャンマー政府は、環境保全を国家開発の優先事項と位置付け、民主化に伴う工業化、都市化による環境汚染を防止するため、2012年に環境保全法を制定、林業省を環境保護・林業省に再編。ECDを新設して環境管理を強化している。ただ、人員や予算の不足や、環境保全法の施行に必要な細則、規則、ガイドラインなどの整備が難航している。

民間企業の工場投資や、各国の援助によるインフラ整備に際しては、EIAの審査手順の確立なども課題となっている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車生産、200万台突破 1~6月コロナ克服も先行き不安(08/10)

当局、外貨の違法な保有の通報を呼びかけ(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

MyCO登記抹消、1~7月は2800社(08/10)

中部で人口流出、気候変動や治安悪化が原因(08/10)

燃油200チャット超値上がり、通貨切下げで(08/10)

水産品輸出、4~7月に124億円(08/10)

外国人技能実習制度、相次ぐ人権侵害「構造的」(08/10)

市民権精査カード、早期に発行へ=総司令官(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン