【第3位】倹約令で激震、カジノ収入が前年割れ

これまでマカオの経済成長を支えていたカジノ産業に陰りが見え始めた。年初は好調で、2月のカジノ収入は前年同月比40.3%増の380億700万マカオパタカ(約5,740億円)と過去最高を記録。春節(旧正月)連休効果が押し上げ、単月で初の300億パタカ超えとなった。 しかし6月には3.…

関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: 観光メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

新たに8人がコロナ感染、累計5088人に(09/30)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

NSW政府、クラウンにカジノ取消で賠償約束(10/01)

テイクオフ:「キッチンの仕事を見つ…(09/30)

政府の官有地売却収入が低迷 入札不調続く、財政に影響も(09/30)

コロナ対策「おおむね維持の方向」、林鄭氏(09/30)

コロナ感染対策、ほぼ現行のまま延長=政府(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン