【BOPビジネス解剖】酷暑の農村に扇風機が来た:カンボジア、太陽光発電に賭ける

【第11回】電気が通っていないカンボジアの農村部で、太陽光発電が普及し始めている。照明があれば家族団らんができ、子どもは夜、勉強ができる。快適に過ごすために扇風機が使え、テレビという娯楽も楽しめる。農家の人々の暮らしを変えようと、外資系企業勤務のエリートだった若…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電機化学農林・水産金融IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

低迷する自動車販売業界、3月比では回復(08/07)

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(08/07)

首都のウオーターパーク、17日開業へ(08/07)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン