• 印刷する

新北淡水地区ライトレール、一部路線が着工

新北市は3日、淡水地区で計画しているライトレール(LRT)の一部区間の建設工事に着手した。人口増が続く淡水のニュータウンと台北MRT(捷運)とを結び、交通の便を改善する。

「淡海LRT」の建設は2期に分けて行われる。1期目は、台北MRT紅樹林駅から淡海新市鎮と呼ばれるニュータウン地区を結ぶ「緑山線」と、緑山線から分岐し淡水河沿いの漁人碼頭(フィッシャーマンズワーフ)を結ぶ路線。全長9.55キロメートルで、途中高架駅7カ所と地上駅7カ所を設ける。1期工事は2018年に完成する予定。全線開通後は10分間隔で電車を運行し、片道の移動時間が25分程度に短縮される見通し。続いて2期計画として、台北MRT淡水駅と漁人碼頭とを結ぶ路線の建設に取り掛かる予定で、24年の完成を目指す。淡水地区はニュータウンの開発が進んでいるほか、観光客も多く訪れるため、ライトレールは新たな移動手段となる。

淡海LRTは、台北県(現・新北市)が1992年に計画を立案し、2010年に中央政府が建設を認可した。同市の朱立倫市長が公約に掲げた政策の1つでもある。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系、カンタツ株買い増しでレンズ強化(10/18)

東芝、台湾で電気機関車受注 400億円、台鉄初の日本製採用(10/18)

TSMC、生産増強で資本支出4割増額へ(10/18)

3QのPC出荷、ASUSがマイナスに(10/18)

豪日産、EVソーラー充電の研究開始(10/18)

国研院、成功大学と半導体研究センター(10/18)

中光電智能機器人、AIドローンの新型機(10/18)

裕隆がEV充電ブランド、5000台分設置へ(10/18)

工作機械の業況、「来年末に好転」の見方も(10/18)

亜泥が19年に過去最高益か、中国事業好調で(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン