• 印刷する

セントラルが大戸屋を海外展開、来年に4カ国

流通大手セントラル・グループ傘下のファストフードチェーン運営会社セントラル・レストランズ・グループ(CRG)は、フランチャイズ(FC)展開している「大戸屋」を来年にも周辺4カ国に出店する計画だ。東南アジアでの日本食ブームを取り込む。

4カ国はマレーシア、ラオス、ミャンマー、ベトナム。一方、国内では昨年末時点で38だった店舗数を年内に50店に増やす目標を掲げ、競争激化に備える。今年は初のテレビコマーシャル(CM)を開始した効果が顕著に表れており、売上高が当初目標の10億バーツ(約32億円)を上回る12億バーツに達する見通し。現在はタイの日本食レストランチェーン市場で「富士」に次ぐ2位に立つという。

CRG傘下で「大戸屋」を運営するCRGインターナショナル・フードのウィチャイ社長によると、「年初から景気停滞の影響はほぼない」状況で、年初から7カ月の売上高は前年同期比21%増と大幅に伸びた。今年の日本食レストラン市場全体も堅調で前年比5~10%増の120億バーツ規模に拡大する見通し。

CRGインターナショナル・フードは先に、今後5年以内に国内店舗数を100店に増やす目標を発表している。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーラオスマレーシア日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

APECの11月16~18日、首都圏は休日へ(15:17)

テイクオフ:バンコクで12年にわた…(08/09)

西鉄、ホテル運営を再始動 当面目標は年内に稼働率50~60%(08/09)

新規の感染者1842人、死者34人(8日)(08/09)

工業連自動車部会、中台緊張で影響を懸念(08/09)

三菱自、充電設備普及で地方電力公団と協力(08/09)

タイへのトウモロコシ輸出、7割減少(08/09)

MG、中型SUVのハイブリッド版を発表(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン