アジア景況感、西高東低を予想:リスク要因は引き続き「人件費」

アジアに進出する日系企業の2016年の景況感は、中華圏が悪化を予想する一方、インドは楽観、東南アジア諸国連合(ASEAN)は昨年と同程度を見通す西高東低型となった。NNAは昨年12月にアジアの駐在員を中心にアンケート調査を実施。中華圏は「悪くなる」が5割、インドは「良くな…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「も~もたろうさん、も…(09/22)

サントリー、茶飲料で存在感 越の健康志向、日系の挑戦(下)(09/22)

テイクオフ:「○○様」と書かれたプ…(09/22)

日本発の外国人専用便が増加 10月は週3便、予約状況に余裕も(09/22)

マニラ南北鉄道、開通へ前進 メガワイド連合、第2期を受注(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

トラベル・バブル、行動範囲制限する国も(09/22)

エアアジアジャパンの運休・撤退を否定(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン