• 印刷する

日本漫画店「アニメイト」開業、初日6千人来店

日本の漫画やアニメグッズを販売する「アニメイト」が6日、タイ・バンコクの商業施設「MBKセンター」7階に開店した。日本の出版大手など5社が共同出資したジャパン・マンガ・アライアンス(JMA)の海外1号店で、同日は予想を大幅に上回る6,000人が訪れた。

売り場面積は560平方メートル。商品は全3万点で、書籍が1万5,000点、ストラップやクリアファイル、フィギュア、プラモデルなどが残りを占める。日本では大人向けアニメ店として展開しているが、タイでは子どもの来店も多いとみて「ドラえもん」「ポケモン」製品もそろえた。

書籍はタイ語と日本語が2対1の比率で、価格はタイ語が45~60バーツ(約150~200円)、日本語が日本の1.5倍。顧客層は10代後半~30代が中心になると予測している。

店舗は日本の漫画やアニメコンテンツの発信基地として、定期的に日本のアニメソングの歌手やアイドルを招き、ミニコンサートやファンミーティング、握手会を開催する。バンコクでは日本関連のイベント開催が多いため、イベントと連携したアイドルの招へいも想定する。人気作品の特設スペースを月替わりで設置する予定で、今月は人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」を取り上げた。

店長を務めるJMAの現地法人アニメイトJMAの外川明宏最高経営責任者(CEO)は7日、NNAに対し「6日の開店イベントには2,000人、店舗には4,000人が来店し、一時入場規制を実施した」と明らかにした。開業前に募集したメンバーカードの申し込みは9日間で5,000人に達したほか、フェイスブックの公式ページの「いいね!」も4万件に到達。2日目となった7日も商業施設の開店と同時に店舗に駆け込む学生が見られた。

JMAは海賊版市場の拡大を食い止めることを目的にアニメイト(東京都板橋区)と出版大手KADOKAWA、講談社、集英社、小学館が20%ずつ出資して昨年9月に設立された。資本金は4億9,600万円。「オールジャパンでのコンテンツ展開」を念頭に、幅広い作品をPRする。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 小売り・卸売りメディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【循環型経済】産廃管理、潜在リスク要因に 中央大・佐々木教授に聞く(下)(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

10月の輸出4.5%減、3カ月連続マイナス(11/22)

ラオス北西部でM6.4、バンコクでも揺れ(11/22)

企業景況感DI、上期は17に改善=グラント(11/22)

中部サラブリで工場の休業が増加=労働当局(11/22)

ホンダ、タイで電動バイクシェアの実証事業(11/22)

タイ国境からの観光客、1~11月で100万人(11/22)

ベンツ、認定中古車のオンライン販売開始(11/22)

ロールスロイス、世界限定50台モデルを発表(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン