【電子決済】Eマネー市場が急拡大:日本の技術が交通インフラ基盤に

インドネシアで電子マネーの普及が急激に進んでいる。政府が行政の電子化を推進しているほか、さまざまな分野で経済活動のキャッシュレス化を図っている。鉄道や公共バスといった公共交通機関が運賃の支払い手段を電子マネーに一元化するなど、ここ数年で庶民の消費活動にも大きな…

関連国・地域: 韓国インドネシア日本
関連業種: 金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:こんな時だから飲みに行…(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

2日から外国人の入国禁止 滞在許可所持者などは対象外(04/02)

地方政府が人の活動の制限可能に、大統領(04/02)

産業省、医療用防護具の生産を大幅に増強へ(04/02)

車メーカーの人工呼吸器生産、開始まで時間(04/02)

首都3駅始発の国鉄遠距離列車、44本を運休(04/02)

北スマトラのコンテナ港、初の国際貨物出荷(04/02)

3月のインフレ率2.96%、前月から伸び微減(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン