• 印刷する

糖尿病患者400万人超、過去10年で倍増

ベトナム国内の糖尿病患者は、人口の5.4%に相当する400万人超に上り、過去10年間で倍増した――。保健省は、このような統計を明らかにした。食生活の変化が主な原因で、患者の低年齢化も進んでいる。タインニエン電子版が10日に伝えた。

保健省によると、ベトナムはアジアで糖尿病患者が多い10カ国・地域の一つとなっており、患者の増加率では世界10位に入っているという。都市部よりも地方の方が患者が多く、最多は南部メコンデルタ地方。以下、ベトナム中部、ハノイを含むホン川(紅河)デルタ地方、ホーチミン市を含む東部が続いた。

ハノイにある国立内分泌学病院のファン・フオン・ズオン副院長は、「患者の低年齢化が進んでいる」と指摘する。生活習慣の乱れが主な原因とされる2型糖尿病は40歳前後で発症するケースが多かったが、現在では、10歳の患者も珍しくないという。

医療専門家らは、ファストフードや炭酸飲料の消費拡大、運動不足などが主な原因と指摘。ベトナム国民1人当たりの野菜の平均摂取量は1日200グラムで、世界保健機関(WHO)が推奨する量の半分にとどまっている。一方で、糖尿病を引き起こすブドウ糖のもととなるでんぷんの1日当たりの平均摂取量は33グラムと、過去10年間で倍増している。また、子どもの糖尿病患者が増えている原因の一つとして、加糖牛乳など糖分を多く含む飲料の過剰摂取が挙げられるという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

船の大型化、越港湾も対応 貿易量拡大、JICAが開発支援(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

日系2社のベトナム特別便、3月に増便(01/15)

20年の二輪販売、17%減の271万台(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

車関連の各規制に変更、登録料引下げは停止(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン