• 印刷する

現代自の2工場、部品調達できず生産停止

韓国・現代自動車の2工場で、下請け会社間のトラブルで部品が供給されず一部ラインの稼働が停止したことが分かった。現在、生産は正常化している。

現代自蔚山工場の「スターレックス」生産ラインが20日午前から、牙山工場(忠清南道)の「グレンジャー」生産ラインも同日午後、停止した。現代モービスからの部品供給が滞っているため。

現代モービスは部品メーカーから調達した部品を組み立ててモジュールとして現代自と起亜自に供給している。しかし、現代モービスに冷暖房空調設備(HVAC)を供給する会社が日ごろから不良率の高い金型メーカーとの取引をやめようとしたところ、これに反発した金型メーカーが金型を持って行方をくらまし、HVACを生産できなくなった。現代モービスのモジュール生産もストップし、現代自に影響が及んだ。

現代自と起亜自は必要なだけの部品を協力会社から随時調達することで在庫と物流コストを抑えているが、こうした生産方式が裏目に出た。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:金大中(キム・デジュン…(01/18)

全国警戒レベル31日まで延長 カフェやジムなど、一部措置緩和(01/18)

コロナ感染者520人、死者は13人増(01/18)

イースター航空が会社更生手続き、LCC初(01/18)

政策金利0.5%据え置き、金融緩和維持(01/18)

上場企業がESG報告書開示、25年から順次(01/18)

現代自、中国・広州に水素電池で法人新設へ(01/18)

起亜自が社名変更、モビリティー事業を拡大(01/18)

20年の自動車産業、生産・輸出が2桁減(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン