• 印刷する

中国の人口、13.7億人に=少子高齢化進む

中国国家統計局は20日、昨年11月に実施した調査で、中国の総人口が13億7,349万人に拡大したと発表した。2010年11月の調査から、5年で3,377万人増加した計算。60歳以上の人口の割合は0~14歳と同じ規模に迫る勢いとなるなど、改めて少子高齢化問題が浮き彫りとなった。

人口を年齢別にみると◇0~14歳:2億2,696万人(人口全体の16.5%)◇15~59歳:9億2,471万人(67.3%)◇60歳以上:2億2,182万人(16.2%)――。総人口に占める割合は、0~14歳が10年比で0.1ポイント減少したのに対し、60歳以上は2.9ポイント増加するなど、少子高齢化が加速していることが見て取れる。

男女別の人口では、男性が7億356万人(人口全体の51.2%)、女性が6億6,993万人(48.8%)。全国31省・自治区・直轄市の世帯数は4億947万世帯に上った。

最終学歴別の人口は、大学(短期大学を含む)が1億7,093万人、高校が2億1,084万人、中学校が4億8,942万人、小学校が3億3,453万人などとなった。

所在地別では、都市部が7億6,750万人(人口全体の55.9%)、農村部が6億599万人(44.1%)となり、都市部の人口は過去5年で約1億人増加している。

新華社によると、国家衛生計画出産委員会の李斌主任は、中国の総人口が将来的に14億5,000万人まで拡大すると予想。ただ、50年には再び現在の水準にまで減少するとみている。

詳細は国家統計局のウェブサイト<http://www.stats.gov.cn/tjsj/zxfb/201604/t20160420_1346151.html>から確認できる。<全国>


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナワクチン接種の第2回、4月に実施(01/22)

本土マネー、勢い止まらず 資金純流入、既に昨年の3割超(01/22)

500万人のPCR検査2日で 各地に体制強化を指示、国務院(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

米GM、マハ州の工場閉鎖申請却下に抗議(01/22)

春節移動のPCR陰性証明、農村部が対象(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

SKイノ、中国のEV電池交換業者に出資(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン