新型インフル試験薬を国産化、パスツール研究所

ホーチミン市のパスツール研究所が、新型インフルエンザ(H1N1型)の感染試験薬を製造し、高価な輸入品に替えて、試験費用の削減を図る計画を明らかにした。21日付サイゴンタイムズなどが報じた。 パスツール研究所のチャン・ゴック・ヒュー所長によれば、輸入試験薬は1回分が100米…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鉱工業生産、7月は2.2%上昇 減速鮮明、操業規制で綱渡り(07/30)

主要鉱工業製品の生産量(表)(07/30)

ホーチミン、12号封鎖措置を数週間延長か(07/30)

市中感染7593人増、第4波累計12万人超(07/30)

ビンズオン省、隔離工場で集団感染相次ぐ(07/30)

バクザン省、感染拡大食い止め規制緩和(07/30)

トヨタ生産維持綱渡り、半導体とコロナがリスク(07/30)

7月は貿易赤字17億ドル、4カ月連続入超(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン