対米投資、昨年は9%増の127億米ドル

米商務省によると、2008年のシンガポール企業による米国への海外直接投資(FDI)は127億2,000万米ドルだった。22日付ビジネス・タイムズが報じた。 前年の117億1,000万米ドルから8.6%増加し、不況下にも関わらずプラス成長を維持した。特に製造業、金融機関、不動産への投資が目立…

関連国・地域: 韓国シンガポールオーストラリア米国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南部の大型商業施設を訪…(10/25)

全職場でワクチン接種義務化 来年1月から、経済活動再開へ(10/25)

入国規制緩和の対象拡大、26日深夜から(10/25)

東部2州、11月から接種済み入国者の隔離免除(10/25)

ジップエア、12月からシンガポール便増便(10/25)

ノジマの商業施設、コーツ店舗を先行開業(10/25)

東芝エネ、地下変電所向け変圧器を受注(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン