航空不況の波、フィリピン航空を直撃

フィリピン航空(PAL)が苦境に追い込まれているもようだ。新型インフルエンザ(H1N1型)や世界金融危機の影響による乗客数の減少に伴い、4~6月期の総売上高は前年同期比で12%減少。ライバルの格安航空会社セブ・パシフィック航空と比べ、コスト高も浮き彫りになっており、今後も…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸天然資源サービス観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スマートフォンにはいろ…(10/18)

比航空HD、増資を計画 287億円、ANAHDの比率低下へ(10/18)

「低リスク」は隔離免除、対象リストも更新(10/18)

ECショッピー、1600人超を新規採用へ(10/18)

新型コロナ、新たに6913人感染(10/18)

首都圏の外出禁止地区、82カ所に減少(10/18)

ブラカン州など外出制限緩和、18日から(10/18)

未成年者への接種開始、初日は1100人超(10/18)

阪急阪神エクスプレス、ダバオ事務所開設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン