• 印刷する

ジェット燃料事業許可、ネピドーでアジアワールド

ミャンマーで建設事業などを手掛けるアジアワールドが、首都ネピドーにあるネピドー国際空港でジェット燃料を供給する認可をミャンマー政府から取得したことが分かった。

24日付の現地紙セブンデーが、エネルギー省関係者の話として伝えた。ネピドー国際空港でジェット燃料を輸入、供給する業者を決める入札が行われ、アジアワールドの傘下企業パイオニア・エアロドロームが落札した。アジアワールドは今後、鉱業省からジェット燃料を貯蔵する施設の建設認可を受けた上で、燃料の供給事業に乗り出す。

ミャンマーでは、複数の国際空港を対象にジェット燃料を供給する業者を選定する入札が行われている。国内企業はジェット燃料を取り扱う経験が不足しているとして、入札を行うエネルギー省は応札企業を外資に限定している。

同省はネピドー国際空港についてのみ別枠で入札を実施。ジェット燃料を取り扱った経験のない国内企業のアジアワールドを供給業者として指名した。ネピドー国際空港を運営し、政治的発言力も強いといわれるアジアワールドによる落札は、さまざまな臆測を呼ぶことになりそうだ。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 化学運輸天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

通貨切り下げ、2100チャットに 輸出代金の65%は強制両替(08/08)

林外相、ソコン副首相と関係緊密化で合意(08/08)

ロシア電子決済導入、年内に協議=ロ外相(08/08)

モン州に新たな空港・港湾、建設地が決定(08/08)

中国との外相会談、国際問題に協力で合意(08/08)

モータウンのタイ国境検問所、2日に再開(08/08)

ヤンゴンの下水処理、14区画に分割し整備へ(08/08)

6月の食用油価格、前月比12~13%上昇(08/08)

ミャンマーのコメ輸出、4~7月で73万トン(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン