【香港を制した巨龍たち】その58・李澤楷・「香港テレコム買収」

ある日、主要取引先だったDDI(現在のKDDI)との架空取引が大量に発覚したとの報が市場に広まり、光通信の株取引は停止されてしまった。 上場後、飛ぶ鳥を落とす勢いで25万円近くまで上昇していた光通信の株価は一瞬にして暴落し、2000年3月にはわずか1,000円台にまで落ち込んだ。…

関連国・地域: 香港日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

レジーナ、米向け輸出のベトナム移管急ぐ(13:53)

19年初の昇給実績は3.7% 学会調査、労働需要は伸び鈍化か(06/26)

香港の5月輸出、7カ月連続のマイナス(06/26)

19年の成長率2.5%に鈍化、モルガン予測(06/26)

三井物産、中国ヘルスケア投資で新ファンド(06/26)

FWD、メットライフ香港を買収か(06/26)

香港銀行業の利ざや圧縮へ、投資銀が報告(06/26)

中国と香港のM&A件数、1Qは25%減に(06/26)

反落、主力銘柄が全面安に=香港株式(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン