ラオカイの中国系企業は平常操業

南シナ海情勢を背景に各地で発生し、死者まで出た反中行動は、中国国境の北部ラオカイ省ではほぼ無縁で、現地の中国系企業は平常運転している様子だ。17日付ベトナムネットが報じた。 国営鉄鋼大手VNスチールと中国鉄鋼大手の昆明鉄鋼集団の合弁によるラオカイ製鉄所は、先月26…

関連国・地域: 中国ベトナム
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

首相が訪越、空路の早期再開方針で合意(07/08)

HCM市、30年までに公共輸送25%に(07/08)

BIDVと韓国系GS、都市開発で提携(07/08)

ダナン市、高層商業都市複合区を開発へ(07/08)

ホアファット、上期の建設鋼材供給は12%増(07/08)

製造業の新規輸出受注、8割が楽観見通し(07/08)

通信サービス収入、上期は3.5%増の83億ドル(07/08)

韓SK、ビンGにセキュリティー基盤を提供(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン