夢時代がソフトオープン、統一初のモール

小売り最大手の統一(ユニプレジデント)グループが手がける初のショッピングモール「夢時代購物中心」(ドリーム・モール)が先月30日、高雄市でソフトオープンを迎えた。台湾最大の規模を誇るだけでなく、核テナントには海外初進出の阪急百貨店を誘致するなど話題性は十分。総投…

関連国・地域: 台湾日本欧州
関連業種: 食品・飲料運輸小売り・卸売り観光メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で暑くなると気にな…(07/17)

サンマ漁獲枠の導入議論、東京で国際会合開幕(07/17)

果物輸出が半年で過去最高に 5割増額、政府支援が追い風(07/17)

HTC、高雄のVRテーマパークを改装(07/17)

マツモトキヨシ、香港に現地法人(07/17)

電動二輪車の購入補助、工業局は来年も維持(07/17)

中鋼構が中国撤退、昆山工場を生産停止(07/17)

アパレル儒鴻、アジア企業のM&Aを計画(07/17)

緑能科技が解散決議、赤字拡大で継続困難(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン