• 印刷する

東南アジアの高圧送電市場、5年で4割増へ

米調査会社フロスト&サリバン(F&S)は5日、東南アジアの高圧送電関連市場が昨年に27億3,000万米ドル(約2,780億円)だった、との試算を公表した。2018年には37%増の37億5,000万米ドルに拡大すると予想している。

F&Sは、市場の成長分の多くが、変電施設建設・改修、送電線の敷設、設計・調達・建設(EPC)サービスの売上高になると分析している。東南アジア諸国連合(ASEAN)の越境送電網計画のうち、18年に完成しているのは、タイ~マレーシア、ボルネオ島のマレーシア・サラワク州~インドネシア、タイ~ラオス、ベトナム~ラオスの事業と予想。スマートグリッド(次世代送電網)の利用も高まると見通している。

一方、インドネシア、ベトナム、ミャンマーの3カ国は送電網の敷設計画があるものの、資金調達や電力会社の支払い能力に問題があると指摘する。インドネシアでは、現地調達規定があり、マレーシアでも外国企業のEPCサービスを制限する規定があるため、外国の関連装置メーカーは、この2カ国では地場企業と提携する必要があることも強調している。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーラオスマレーシアシンガポールインドネシアASEAN
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都市国家の象徴であるマ…(08/15)

高級オフィス賃料の上昇加速 需給逼迫で、当面は継続の見方(08/15)

漫画ネット販売TORICO、現法設立(08/15)

ケッペル、独で洋上風力発電事業の権益取得(08/15)

ゲーム開発のヴァーチャス、首都に拠点開設(08/15)

農作物商社オラム、1~6月は2%増益(08/15)

糖分などの表示義務、作りたて飲料も(08/15)

陸運コンフォート、1~6月は増収増益(08/15)

全国労働組合、労働者の意見反映の場を開設(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン