NNA ASIA

IT・BPO業界、コールセンター依存を脱却へ

フィリピンの情報技術(IT)・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界が、競争力の強化を打ち出した。産業全体の売上高の6割を占めるコールセンターの依存から脱却するため、プログラム開発、医療、金融分野を成長エンジンと位置付け、規模拡大を目指す。同産業の今年の売上高は、前年比12%増の212億米ドル(約2兆6,300億円)に達する見通し。業界幹部は今後の課題として、人材育成を挙げた。