NNA ASIA

外資との提携相次ぐ

台湾ホテル業のいま(上)

台湾のホテルと外資ホテルとの提携が相次いでいる。台湾側のホテルは提携により、会員や管理システム、国際レベルのサービス、ブランド力といった外資ホテルが持つメリットを生かして、宿泊者の取り込み強化につなげたい考えだ。台湾建設大手の麗宝集団傘下の福容大飯店(フーロンホテル)は、英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)と提携し、IHGの「voco(ボコ)」ブランドのホテル「嘉義福容voco酒店」を4月にプレオープンした。福容大飯店による国際ブランドとの提携や、vocoブランドの台湾進出はいずれも初めて。【安藤千晶、張成慧】

NNAからのお知らせ