NNA ASIA

輸出促進で初の大規模イベント

茨城県、複数企画で需要を開拓

茨城県は11月から12月にかけて、シンガポールで県産品の試食会や商談会、テストマーケティングなど企業・消費者間取引(BtoC)、企業間取引(BtoB)の複数の取り組みを実施する。輸出促進事業の一環で、常陽銀行(水戸市)に業務委託した。県がシンガポールで今回のような大規模なイベントを開くのは初めて。同国経済が新型コロナウイルス禍から回復しつつある中、県産品の需要を開拓する考えだ。【清水美雪】

関連記事