NNA ASIA

帝人、高耐熱アラミド繊維の生産開始

帝人は19日、新開発のメタ系アラミド繊維「コーネックスネオ」を生産するタイ新工場を稼働した。総投資額は約45億円。アジアの新興国で消防服など防護衣料の厳しい基準が導入されつつあり、熱に強いメタ系アラミド繊維の需要が伸びると判断。既存製品「コーネックス」に比べ染色性が高く、製造工程に特殊な紡糸法を導入した。地理的に東南アジア諸国連合(ASEAN)の中心に位置し市場競争力のあるタイから、主にアジアの新興国に供給する方針だ。ASEANにおける高機能繊維の生産は、帝人が初めて。