NNA ASIA

露産ガス禁輸なら景気後退に

5大研究所、経済見通し引き下げ

ドイツを代表する五つの経済研究所は13日発表した春季合同経済予測の中で、今年の国内総生産(GDP)成長率の見通しを昨年10月時点の4.8%から2.7%に引き下げた。ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、新型コロナ危機からの経済回復が遅れる一方、物価上昇率は過去40年で最高の水準に達すると予想。ロシア産ガスの供給が停止すれば、ドイツ経済は急激な景気後退に陥り、インフレはさらに加速するとしている。