NNA ASIA

集団免疫策は史上最大の失敗

下院報告書、政府の初期対応巡り

英国政府が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)初期に集団免疫を目指し、ロックダウン(都市封鎖)の導入を遅らせたことは、英国史上最大の保健政策上の失敗に相当する――。政府の新型コロナウイルス対策を検証していた超党派の下院委員会が12日に公表した報告書で、こうした結論を示した。政府と科学顧問は一定の「集団思考」に陥っていた可能性があると指摘している。