NNA ASIA

アストラゼネカとの契約公表

欧州委、欧州医薬品庁は承認勧告

英国の製薬大手アストラゼネカが英オックスフォード大学と共同で開発した新型コロナウイルスワクチンの欧州連合(EU)への供給遅延問題を巡り、欧州委員会は1月29日、同社とのワクチン事前購入契約を公表した。同社はこの契約書で「合理的な範囲内で最善の努力」をすると約束しており、これが一定量の供給を義務付けるものかどうかが争点となっている。一方、欧州医薬品庁(EMA)はこの日、アストラゼネカのワクチンを条件付きで承認するよう欧州委員会に勧告している。