NNA ASIA

本土からワクチン供給、感染者ゼロへ全力

香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は25日に立法会(議会)で行った2020年の施政報告(施政方針演説に相当)で、新型コロナウイルスの感染防止策を徹底し、域内感染ゼロを全力で目指す方針を示した。中国中央政府(国務院)が必要時に中国本土で研究開発・生産した一定量のワクチンを香港市民向けに供給することに同意していると明らかにした。

関連記事