NNA ASIA

「第2波」直撃、死者5人に

二大都市でも感染者、医療崩壊も

新型コロナウイルス感染症の第2波が、ベトナムを襲っている。ベトナムでは7月25日まで約100日間にわたって市中感染ゼロが続いていたが、中部ダナン市で感染者が報告された。それ以後は隣接するクアンナム省と合わせて5人の死者が出るなど、感染が急速に広がっている。2日時点でも感染源(F0)が特定できていないなど不安要素も多く、国内の脆弱(ぜいじゃく)な医療体制を直撃する懸念も大きい。

関連記事