NNA ASIA

新会長にミシュランのCEO

ルノー、新体制で安定化図る

仏自動車大手ルノーは24日、取締役会を開催し、タイヤで欧州最大手の仏ミシュランのジャンドミニク・スナール最高経営責任者(CEO)が新たな会長に、ルノーのティエリ・ボロレ暫定副CEOが正式なCEOにそれぞれ就任すると発表した。両職にとどまっていたカルロス・ゴーン被告は会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されており、現在は日本で勾留中。先に辞表を提出しており、ルノーは新体制で安定化を図る。