NNA ASIA

中銀が実質利上げ、翌日物取引金利4.25%に

中央銀行は12日、翌日物銀行間取引金利(FASBI)を4.00%から4.25%に引き上げた。ルピアの対米ドル相場を安定させるのが狙いで、昨年1月以来1年5カ月ぶりに変更。実質的な利上げを実施した。きょうにも予定している月例総裁会では、政策金利(BIレート)を据え置く見通しだ。