NNA ASIA

豪潜水艦開発、日本落選が現実味

21日付の南オーストラリア(SA)州地元紙アドバタイザーは、オーストラリアの次期潜水艦共同開発相手の選定で、日本が候補から後退し、ドイツの造船企業ティッセンクルップ・マリン・システムズ(TKMS)が、フランス政府系造船会社DCNSを抑えて最有力候補に浮上していると報道した。一方、同日付オーストラリアンは、DCNSを最有力としている。いずれのメディアも、来週とみられる正式発表で日本が選ばれる可能性は低いとしており、日本落選が現実味を帯び始めた。