NNA ASIA

鉄道整備に日中から借款、運輸省が受け入れへ

インドネシア運輸省は、国内の鉄道網を整備するため、日本と中国からの借款を受け入れる姿勢を示している。財政緊縮によりインフラ整備の予算を削減する一方、スマトラ島やスラウェシ島など全国各地の鉄道整備が待ったなしになっているためだ。3日付ビスニス・インドネシア、ジャカルタ・ポストなどが伝えた。