NNA ASIA

通信2社のM&A、当局見解は競争法違反なし

フィリピン競争委員会(PCC)のバリサカン委員長は、通信大手2社による同業3社の合併・買収(M&A)が「公正競争法(共和国法第10667号)」に違反しないとの見解を示した。同法は市場支配的地位を乱用しない限り、1社の独占や2社の寡占を禁じていないためだ。ただ、M&Aの正式報告をまだ受けていないため、同法に抵触するかどうかの決定はその後に下すという。