スタートアップ大国

Startup icon
米中に次ぐ世界3位のスタートアップ大国となったインド。2020年は新たに1,600社余りの技術系企業が生まれ、評価額が10億米ドルを超える未上場スタートアップ「ユニコーン」に12社が加わった。本企画ではテック系の分野を中心に、インドの将来有望なスタートアップを紹介していく。
すべての文頭を開く

【スタートアップ大国】非接触で健康・病状を把握 ドジー、ICU不足を手頃に解決(09/24)

ドジーの共同創業者兼CEOのダンドワーテ氏(同社提供)
心拍変動や酸素飽和度、呼吸数、血圧といった「バイタルサイン」(生命の状態を示す指標)を非接触で測定す…

続きを読む

【スタートアップ大国】新興国で普及可能な水耕栽培 グルメガーデン、5都市で展開へ(08/26)

創業者のバラジ氏(右)とナラヤンスワミ氏=インド南部ベンガルール(グルメガーデン提供)
インド南部を本拠とするグルメガーデン(Gourmet Garden)は、初期投資を従来の3分の1に抑えた水耕栽培シ…

続きを読む

【スタートアップ大国】カーボンリサイクルで革新 ブリーズ、メタノール合成収益化(07/14)

NNAのオンライン取材に応じたピーター教授(本人提供)
インド科学技術省傘下の大学院、ジャワハルラル・ネルー先端科学研究所(JNCASR)の教授が率いるブリ…

続きを読む

【スタートアップ大国】ロケット生産に3Dプリント アグニクル、衛星を手軽に宇宙へ(05/27)

共同創業者のラビチャンドランCEO(右)がNNAの取材に応じた。左は共同創業者のモイン氏(アグニクル提供)
インド南部チェンナイを拠点とするアグニクル(Agnikul)コスモスは、衛星を宇宙に運ぶ小型ロケットを開発し…

続きを読む

【スタートアップ大国】最高峰の解像度で地球を観察 ピクセル、年内に衛星2基打上げ(04/19)

約30センチ角のハイパースペクトルカメラ(左)とカメラを搭載した衛星のイメージ(ピクセル提供)
インドの地球観測スタートアップ、ピクセル(Pixxel)は、世界最高水準の解像度(空間分解能)を誇るハイパ…

続きを読む

【スタートアップ大国】保険業務の自動化で成長 ディジット、今年初のユニコーン(03/19)

ディジットのカメシュ・ゴヤル会長。ドイツの保険大手アリアンツでアジア太平洋地域責任者を務めた経歴を持つ(同社提供)
ITを活用して保険を販売する「インシュアテック」のディジット(digit)が急成長している。1月の資金調達…

続きを読む

【スタートアップ大国】低コストな培養肉を開発 クリアミート、2年以内に発売へ(03/09)

共同創業者のマンバティ氏がオンラインで取材に応じた(クリアミート提供)
深刻化が予測される食料不足の解決手段の一つとして注目を集める「培養肉」。その発売を目指すスタートアッ…

続きを読む

【スタートアップ大国】水不足解消技術、沖縄で研究 海外進出するアグリテック(下)(02/18)

研究で使う生ごみを回収するガルジャールCEO(EFポリマー提供)
世界進出するインドのアグリテックは、ソフト技術を売りにする企業ばかりではない。西部ラジャスタン州を本…

続きを読む

【スタートアップ大国】世界で通用するソフト技術 海外進出するアグリテック(上)(02/17)

スタートアップが農業のデジタル化を後押ししている=2020年12月、インド・東部ビハール州(NNA撮影)
スタートアップ大国で農業大国でもあるインドで、農業にITや人工知能(AI)、バイオなどの新技術を導入…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン