新型コロナ発生から1年

Corona kr
韓国で新型コロナウイルス感染症による影響が出始めてから1年が過ぎた。そこで韓国版では、日系企業へのアンケート調査のほか、防疫専門家へのインタビューや韓国一の繁華街であるソウル明洞の現状ルポなど、さまざまな角度でこの1年を総括するとともに、ウィズコロナ時代を生きる韓国の今を浮き彫りにする。
すべての文頭を開く

【コロナ禍1年】集団免疫に国民の協力不可欠 国際ワクチン研究所キム事務総長(02/26)

「ワクチン接種を心待ちにしている」と話すキム事務総長=22日、ソウル(NNA撮影)
韓国ではきょう26日から新型コロナウイルスのワクチン接種が始まる。文在寅(ムン・ジェイン)政権は、今年…

続きを読む

【コロナ禍1年】繁華街・明洞の底見えぬ厳冬 空室率4割超え、賃料負担重く(02/19)

「入居募集」の張り紙が至る所に貼られている=9日(NNA撮影)
新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)は、韓国を代表する繁華街のソウル明洞にも大打撃…

続きを読む

【コロナ禍1年】K防疫への過信は禁物 パスツール研元所長のジャバラ氏(02/17)

「韓国の防疫対策の最大の問題点は縁故主義」と話すジャバラ博士(本人提供)
新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るう中、防疫対策で台湾と共に高い評価を受ける韓国。文在寅(…

続きを読む

【コロナ禍1年】旧正月連休の防疫徹底が鍵 今年は回復期待、変化への適合を(02/10)

ソウル駅前に設置された新型コロナのウイルス検査場で、検体の採取に応じる女性=2021年2月9日、韓国・ソウル(NNA撮影)
【後編】韓国で新型コロナウイルスワクチンの接種開始が目前となったものの、変異株の市中感染が初めて確認…

続きを読む

【コロナ禍1年】日系の4割が業績悪化 ビジネス制限続く、在宅が日常に(02/09)

新型コロナの流行で国際便の運航がほぼ停止し、閑古鳥が鳴く仁川国際空港。ワクチン接種の開始は間近だが、往来再開への道のりは長い=2021年1月28日、韓国・仁川(NNA撮影)
【前編】韓国で新型コロナウイルスの感染が確認され、その影響が出始めてから1年が過ぎた。日系企業でも「…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン