2021年 アジア駐在員景況感調査

Keikyokan
NNAが実施する毎年恒例のアジア駐在員景況感調査。
すべての文頭を開く

駐在員交代、半数が着任遅れ ビザ審査厳しく、後任探し難航も(07/13)

トラックの荷台から酸素ボンベを運び出すインドネシアの労働者たち。感染力の強い新型コロナウイルスの変異株の勢いが急拡大している(新華社)
NNAがアジアの日系企業駐在員らを対象に実施した調査では、2021年上半期(1~6月)における駐在員の交…

続きを読む

駐在員の5割が景気回復予想 ワクチン効果に期待、売上も増加(07/12)

中国の労働節(メーデー)連休(5月1~5日)に高速鉄道の武漢駅を利用する旅行者。新型コロナ感染が抑制され、通常の生活を取り戻しつつある(新華社)
NNAがアジアの日系企業駐在員らを対象に実施した調査で、全体の5割超が、駐在する国・地域の2021年下半…

続きを読む

【年始特集】ベトナムがトップ維持 有望な投資先、コロナ影響も重視(01/08)

駐在員ら1,162人に聞いた「2021年のアジアで最も有望な投資先」では、ベトナムを選ぶ回答が20年に続き最も多…

続きを読む

【年始特集】20年下期「減収見通し」47% コロナ禍で逆風、駐在員数は維持(01/07)

マスクを着用して業務に当たる日系電子部品メーカーの従業員=20年10月、中国広東省
新型コロナウイルスの世界的な流行が続く中、企業の2020年下半期の売上高にはどんな変化があったか。アジア…

続きを読む

【年始特集】入国制限に苦労、早期解除を 回復期、財政出動求める声も増加(01/06)

外国人の入国が制限され閑散とするタイのスワンナプーム国際空港=20年9月(NNA撮影)
アンケート調査では、2020年6月に続き、駐在国・地域の政府が新型コロナウイルス感染症対応で力を入れるべ…

続きを読む

【年始特集】入国規制、今後も最大のリスク 米中など国際情勢、東アジアの鍵(01/05)

マレーシア・クアラルンプールのホテルで、隔離中の入国者を対象に行われた抗体検査=20年12月(NNA撮影)
ワクチンの接種開始などで新型コロナウイルスの感染が収束に向かうことなどへの期待感もあってか、2021年上…

続きを読む

【年始特集】上期景気、6割が改善予想 アジア駐在員、コロナ収束に期待(01/04)

中国・陝西省の西安咸陽国際空港では、2020年末から検疫担当者らに対し、新型コロナウイルスのワクチンの接種が始まった=20年12月、中国(新華社)
NNAがアジアの日系企業駐在員らを対象に実施したアンケート調査で、回答者の約6割が2021年上半期(1~…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン