ミャンマーの2017年10大ニュース

Top10 2018
ミャンマーの1年を切り取る「10大ニュース」を通じ、2017年を見通していく。
すべての文頭を開く

【17年の10大ニュース】ロヒンギャ問題で混迷(2017/12/27)

ASEM外相会合後の記者会見で発言するミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=11月、ネピドー(NNA)
3月末で発足2年目に入ったアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相率いる政権は8月以降、西部ラカイン州…

続きを読む

【第1位】ロヒンギャ問題で国際社会と溝(2017/12/27)

ミャンマー西部ラカイン州マウンドーで、焼け焦げて跡形もない住居跡=8月30日(共同)
ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害をめぐる問題が8月以降、世界的に大きく取り上げられ…

続きを読む

【第2位】ヤンゴンで大型不動産開発相次ぐ(2017/12/27)

シンガポール資本が参画する複合施設「ジャンクション・シティー」=3月、ヤンゴン(NNA)
ミャンマー最大都市ヤンゴンで、日本企業が参画する大型不動産開発が目立った。フジタと東京建物は7月、財…

続きを読む

【第3位】新車販売増、中古輸入規制強化で(2017/12/27)

商業施設内で開かれたトヨタ車の販促イベントで品定めをするミャンマー人ら=5月、ヤンゴン(NNA)
ミャンマーの自動車市場の主流が、従来の日本製中古車から新車にシフトし始めた。政府が輸入乗用車を原則…

続きを読む

【第4位】会社法が成立、投資法も本格運用(2017/12/27)

ミャンマーで外資規制の緩和を盛り込んだ新会社法が12月に成立した。昨年成立した新投資法も今年4月から…

続きを読む

【第5位】ヤンゴンで公共交通改革進む(2017/12/27)

1月始まった新公共バスシステム「ヤンゴン・バス・サービス」(YBS)=1月、ヤンゴン(NNA)
ミャンマーのヤンゴン管区政府は1月、従来の路線バスを大幅に整理し、新たな公共バスシステム「ヤンゴン…

続きを読む

【第6位】内需狙う日系企業の投資相次ぐ(2017/12/27)

ティラワ経済特区の新工場完成式でテープカットする味の素の西井孝明社長(右から3人目)ら=9月、ヤンゴン郊外(NNA)
ミャンマーの内需を狙う日本企業の進出が相次いだ1年だった。1人当たり国内総生産(GDP)は約1,200…

続きを読む

【第7位】ラカインで油送管稼働、中国が攻勢(2017/12/27)

インド洋に面したミャンマー西部ラカイン州と中国内陸部の雲南省を結ぶ原油パイプラインが5月に稼働した…

続きを読む

【第8位】日本支援のティラワ特区拡張(2017/12/27)

日本の官民が参画するミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)で2月、工業団地の拡…

続きを読む

【第9位】携帯4G時代へ、サービス本格化(2017/12/27)

ミャンマー運輸・通信省が5月、携帯電話サービス各社に1800メガヘルツ(MHz)周波数帯を割り当て、高…

続きを読む

【第10位】少数民族との和平進まず(2017/12/27)

ミャンマー政府と少数民族武装勢力との和平は、2017年も進展しなかった。アウン・サン・スー・チー国家顧…

続きを読む

【番外編】ローマ法王が史上初訪問(2017/12/27)

大規模ミサの会場で聴衆に手を振るローマ法王フランシスコ=11月、ヤンゴン(NNA)
ローマ法王フランシスコが11月下旬に、歴代法王で初めてミャンマーを訪問し、アウン・サン・スー・チー国…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン